本文へスキップ

正しいEBMの普及を目指して活動する EBM-Tokyo

ワークショップWORKSHOP

EBM-Tokyo主催の EBM wokshopの案内を掲載します.

――――――――――――――――――――――――――――――
EBM-Tokyo 第39回EBM workshop
――――――――――――――――――――――――――――――

来る2022年2月6日(日)に,下記の要領でEBM-Tokyo主催による第39回EBM
workshop(WS)を開催します.
今回は,診療ガイドラインの利用者向けワークショップです.
お誘い合わせの上,奮ってご参加下さい.
新型コロナウイルス感染症の影響のため,Zoomを用いたWeb workshopとします.
なお,WSに関する事前連絡は,参加者全員が登録されたメーリングリストを通じて行い,資料などは,事前に電子配布します.

「EBM-Tokyo」って何?
→詳細はEBM-Tokyoホームページ(http://ebm.umin.ne.jp/)をご覧下さい.

                  記

◆コーディネーター◆ 社会福祉法人聖母会 聖母病院 総合診療科 南郷栄秀
◆日時◆ 2022年2月6日(日)13:00〜17:30
◆対象◆ 医療従事者,学生,一般市民(初学者,中級者を問いません)
◆内容◆
診療ガイドライン利用者のためのワークショップです.
「CD腸炎の予防に整腸剤を使用するか」を題材に,NICE診療ガイドライン「Clostridioides difficile infection: antimicrobial prescribing」を用いて,診療ガイドラインの作られ方とその診療現場での使い方をディスカッションします.
https://www.nice.org.uk/guidance/ng199
スモールグループ形式(チューターを含め8名程度)で学習を進めていきます.


◆タイムテーブル(予定)◆
12:45〜 待機室開室
13:00〜13:15(15 分)ようこそ!EBM workshopへ!(シナリオ紹介〜疑問の定式化)
13:15〜13:30(15 分)SGD1:自己紹介〜シナリオのPICOを立てる
13:30〜13:45(15 分)全体セッション1:シナリオのPICOを発表
13:45〜14:15(30 分)ミニレクチャー1:診療ガイドラインの歴史的変遷とGRADEシステム
14:15〜14:45(30 分)ミニレクチャー2:Grade down5要素の概要とEvidence Profileの見方
14:45〜14:55(10 分)休憩
14:55〜15:40(45 分)SGD2:診療ガイドラインの批判的吟味
15:40〜16:10(30 分)全体セッション2:診療ガイドラインの結果
16:10〜16:40(30 分)SGD3:Step4患者への適用 4つの輪を考える
16:40〜17:00(20 分)全体セッション3:各グループの発表会
17:00〜17:30(30 分)クロージング・質疑応答

※終了後,1時間程度の自由参加のオンライン懇親会を開催します.

◆募集人数◆ 50名

◆参加費用◆ 4,000円

◆申込方法◆
事前申し込みが必要です.
以下からお申し込み下さい.

ブレイクアウトルームを使用するため,Zoomアカウントに登録しているメールアドレスをご入力ください.
参加申込時に入力したメールアドレスとZoomアカウントに登録しているメールアドレスが異なると,ご参加いただけません.
Zoomアカウントをお持ちになっていない方は,事前配布資料にて作成方法についてご案内します.
複数名での同一アドレス使用による申し込みはご遠慮ください.

◆募集開始◆ 2022年1月16日(日)
◆募集締め切り◆ 2022年1月29日(土)22時
ただし,定員に達し次第,締め切らせていただきます.また,見学はお受けしておりませんので,ご了承下さい.
※本WSでは,募集締め切り後,WSの1週間前をめどにMLを立ち上げて事前配布資料を配布いたします.

◆主催◆ EBM-Tokyo
◆お問い合わせ◆ EBM-Tokyo事務局 http://ebm.umin.ne.jp



workshopアンケート入力
作成者向けGRADE workshopアンケート入力
利用者向けGRADE workshopアンケート入力

EBM-Tokyo

私たちは,あらゆる営利企業からの資金援助を受けません.
We declare we have no potential of COI.