本文へスキップ

正しいEBMの普及を目指して活動する EBM-Tokyo

ワークショップWORKSHOP

EBM-Tokyo主催の EBM wokshopの案内を掲載します.

第29回WSより参加費が事前決済になりました.ご了承下さい.

             ――――――――――――――――――――――――――――
                  EBM-Tokyo 第31回EBM workshop
             ――――――――――――――――――――――――――――

来る2019年2月11日(月・祝),下記の要領で,EBM-Tokyo主催による第31回
EBMworkshop(WS)を開催します.
今回は,ランダム化比較試験(RCT)の研究論文の批判的吟味を中心としたワークショップです.
お誘い合わせの上,奮ってご参加下さい.
なお,WSに関する事前連絡は,参加者全員が登録されたメーリングリストを通じて行い,資料などは,事前に電子配布します(当日印刷した資料を配布しません).
「EBM-Tokyo」って何?
→詳細はEBM-Tokyoホームページ(http://ebm.umin.ne.jp/)をご覧下さい.

                  記

◆コーディネーター◆ 日本大学歯学部歯科保存学第V講座 蓮池聡
◆日時◆ 2019年2月11日(月・祝)10:00〜17:30 (18:00から懇親会あり)
◆場所◆ 東京医科歯科大学 東京都文京区湯島1-5-45
(最寄駅:JR御茶ノ水駅,地下鉄丸ノ内線御茶ノ水駅,千代田線新御茶ノ水駅)
◆対象◆ 医療従事者,学生,一般市民(初学者,中級者を問いません)
◆内容◆
インフルエンザに対するバロキサビル(商品名:ゾフルーザ(R))の効果を検証した以下のランダム化比較試験の批判的吟味を通じて,実際の現場でどのように考えたらいいかをディスカッションします.
Hayden FG, Sugaya N, Hirotsu N, Lee N, de Jong MD, Hurt AC, Ishida T, Sekino H, Yamada K, Portsmouth S, Kawaguchi K, Shishido T, Arai M, Tsuchiya K, Uehara T, Watanabe A; Baloxavir Marboxil Investigators Group.
Baloxavir Marboxil for Uncomplicated Influenza in Adults and Adolescents.
N Engl J Med. 2018 Sep 6;379(10):913-923. doi: 10.1056/NEJMoa1716197.
PubMed PMID: 30184455.
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/30184455
スモールグループ形式(チューターを含め8名程度)で学習を進めていきます.

◆タイムテーブル(予定)◆
9:30〜10:00 受付
10:00〜10:15 ようこそ!EBM workshopへ!
10:15〜10:45 ミニレクチャー:ランダム化比較試験とは
10:45〜12:30 スモールグループディスカッション(SGD)1:Step3論文の批判的吟味
12:30〜13:30 −休憩(昼食)−
13:30〜14:00 スモールグループディスカッション(SGD)2:Step3論文の結果
14:00〜15:30 全体セッション1(各グループの発表会)
15:30〜16:30 スモールグループディスカッション(SGD)3:Step4患者への適用
16:30〜17:30 全体セッション2
18:00〜20:00 懇親会

◆募集人数◆ 約50名(予定)
限られた人数でできるだけいろいろな方々にご参加いただくため,
過去に本会のWSに参加したことのある方は,一旦保留とさせていただき,
受付締め切り後に正式に受け付けいたします.
また,同一施設・同一学会からのお申し込みは3名までとさせていただきます.
◆参加費用◆ 参加費:5,000円(弁当・お茶代込み),懇親会費: 4,000円
◆申込方法◆
事前申し込みが必要です.
以下のフォームからお申込みください.

なお,複数名での同一アドレス使用による申し込みはご遠慮ください.

◆募集開始◆ 2019年1月14日(月・祝)
◆募集締め切り◆ 2019年2月2日(土)22時
ただし,定員に達し次第,締め切らせていただきます.また,見学はお受けしておりませんので,ご了承下さい.

※本WSでは,募集締め切り後,WSの1週間前をめどに参加者MLを立ち上げ,事前配布資料を配布いたします.
※本WSでは,日本プライマリ・ケア連合学会の「専門医・認定医更新のための単位:5単位」,
「プライマリ・ケア認定薬剤師の認定単位:4単位」が付与される予定です.

◆主催◆ EBM-Tokyo
◆後援◆ 日本プライマリ・ケア連合学会EBMプロジェクトチーム
◆お問い合わせ◆ EBM-Tokyo事務局 http://ebm.umin.ne.jp



workshopアンケート入力
作成者向けGRADE workshopアンケート入力
利用者向けGRADE workshopアンケート入力

EBM-Tokyo

私たちは,あらゆる営利企業からの資金援助を受けません.
We declare we have no potential of COI.